スラムダンク劇場版1994年(映画第1弾)の配信無料動画フル|DVDレンタル/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

アニメ映画
スラムダンク(プレビュー)

スラムダンク劇場版1994年(映画第1弾)の動画フルを安全に見る方法

『スラムダンク(劇場版)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『スラムダンク(劇場版)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

スラムダンク劇場版1994年(映画第1弾)の内容

映画『スラムダンク(劇場版)』は、1994年3月に公開されました。

『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』、『Dr.スランプ アラレちゃん ほよよ!!助けたサメに連れられて…』と同時上映されたスラムダンクの劇場第一段となり、第12回ゴールデングロス賞優秀銀賞の受賞作品です。

物語は、花道が告白した中学時代にフラれた女性と、その恋人がいる武園学園高校バスケ部との練習試合の様子が描かれたスピンオフとなっております。

登場人物の声はテレビアニメシリーズ同様の声優が務め、本作でメインとなる花道をフった女性・島村葉子役を皆口裕子さん、その彼氏である小田竜政役を鈴置洋孝さんが演じました。

アニメフェアの一作で30分とコンパクトな構成。それでも試合の臨場感はしっかりと描かれており見応え充分な作品でした。

私の青春作品。花道のひたむきさに泣けました。また相手校である敵の一生懸命なプレーに敬意を表して拍手を送れるって素晴らしい。

バスケしたいって思うような作品で、高校の時にこれを見たかったな。
それにしても原作の一コマをよくここまで広げたな…とは思いました。

リョータとミッチーがいない初期で凄く懐かしかった。また、エンディングの大黒摩季さんが刺さる。90年代の分かりやすいどストレートな歌詞とメロディに私の根幹を思い出させてもらいました。

あらすじ

神奈川県ベスト8の常連校である“武園学園”との練習試合にはりきる湘北高校バスケ部。練習試合だというのに、武園学園には多くの女子生徒が応援にきていました。その中には、花道が中学時代最後に告白して「バスケ部の小田くんが好きなの」と言われフラれた相手の島村葉子がいました。

現在、彼女と交際中のバスケ部・小田はかつて悪さばかりしていた花道が、自分と同じバスケを始めたことが許せず「二度とボールに触るな」と口にするなど、試合直前に揉めます。

そんな状況で始まる練習試合。気負い過ぎていつものように失態を晒してしまう花道。果たして試合の結末とは…?

見どころ

目の付け所が見事なスピンオフ

本作は原作漫画の第4~6巻、アニメシリーズ第13~19話まで描かれた湘北VS陵南の練習試合直後が舞台となっています。その為、宮城や三井は未登場であり湘北最強メンバーが揃う前の物語となっております。

また、原作漫画でもアニメリシーズでも一番最初に登場し、花道をフった50人目の女性・島村葉子と、葉子がフった理由でもあり好意を抱くバスケ部の小田が登場するオリジナルストーリー。目の付け所が流石ですね。

しっかりと原作の世界観から外れることなく、無理なく隙間に滑り込んだスピンオフとして好感持てるだけでなく、30分という限られた時間の中で上手く纏まっていました。

花道と小田の関係性

本作のメインキャラとなる、1年生ながら武園高校バスケ部のエースセンター・小田。彼は中学時代から真剣にバスケに取り組んできたことによって、武園高校でこのポジションを勝ち取りました。

それに対して花道は常に喧嘩をしてきました。そして、あとから出てきただけの花道に対してイラついていました。

「バスケをしている花道が許せない小田」と「小田のことよりも試合に集中する花道」この二人がどういった結末を迎えるのか。また終盤では花道が成長したなと見られる部分があるので、そこも見どころとなっております。

スタッフ

原作:井上雄彦「SLAM DUNK」
脚本:菅良幸
製作総指揮:岡田茂
製作代表:桑田弘一郎
製作:伊藤邦男 / 高岩淡 / 泊懋 / 安齋富夫
撮影:福田岳史
編集:西山茂
音楽:増田隆宣

キャスト

湘北高校

桜木花道:草尾毅
赤い髪がトレードマークの問題児。バスケ初心者ながら、高い身体能力で湘北バスケ部に欠かせない存在となる。小田と葉子は中学時代の同級生。

赤木晴子:平松晶子
花道をバスケ部に誘った、湘北バスケ部キャプテンの妹。

赤木剛憲:梁田清之
問題児ばかりの湘北バスケ部を取りまとめる主将。パワフルなダンクが持ち味で「ゴリ」と呼ばれている。

流川楓:緑川光
中学時代からのスーパースターで、1年生ながら湘北バスケ部のエースとなる。負けず嫌いの性格で県内屈指のスコアラー。

木暮公延:田中秀幸
縁の下の力持ち的ポジションで、全国制覇を夢に部員たちの成長を見守る芯の強い湘北バスケ部の副主将。

安田靖春:小野坂昌也
2年生で「ヤス」の愛称で親しまれ、度胸があるバスケ部員。

安西 光義:西村知道
桜木から「オヤジ」と呼ばれる、見かけが温和な湘北バスケ部の監督。

彩子:原えりこ
花道にバスケの基礎を教え込む湘北バスケ部のマネージャー。流川とは同じ中学出身。

水戸洋平:森川智之
野間忠一郎:幹本雄之
高宮望:塩屋浩三
大楠雄二:林延年
桜木軍団と呼ばれる花道の中学時代からのワル仲間。今や湘北の応援に駆け付ける熱血サポーターでもある。

藤井:西本悦子
松井:西川宏美

武園高校

小田竜政:鈴置洋孝
武園高校バスケ部1年のエースセンター。中学時代の不良である桜木がコートに立っていることに腹を立てる。

島村葉子:皆口裕子
小田の恋人で、桜木が中学時代にフラれた50人目の少女。

葉山監督:佐藤正治
武園高校バスケ部の名監督。部員を厳しく指導するも暖かく見守る。

応援団リーダー:笠原留美

女生徒:井上美紀 / 住友七絵 / 大塚瑞恵 / 中山真奈美

『スラムダンク(劇場版)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

スラムダンク劇場版1994年(映画第1弾)の感想

20代女性
20代女性

スラムダンク初の劇場版作品です。当時、母と一緒にお正月の映画館へ見に行った記憶があります。原作がまだ連載中の劇場版作品と言うと、完全オリジナルのゲストキャラクターを中心にストーリーが繰り広げられる作品となることがほとんどですが、この作品は原作の一番最初に「バスケット部の小田くん」として名前だけ登場してそれっきりとなっていたキャラクターがメインとして登場します。主人公・桜木花道と同じ中学でバスケットに打ち込んでいた小田竜政は、中学時代に花道からの告白を断っていた女子生徒・島村葉子とともに、バスケットの練習試合をしに来た花道と再会します。しかし、中学では札付きの不良だった花道が、自分の愛するバスケットボールを真面目にやっているはずがないと決めつけ、一方的に敵視する小田と、そんなピリピリした小田と念願叶って付き合っているはずが、関係が拗れつつあることを花道に話す葉子等、30分程短い映画の中にたくさんの要素が組み込まれていて、原作への熱いリスペクトを感じる作品に仕上がっています。花道の熱いセリフ「俺の相手はお前じゃない!バスケットだ!」と言い放ち、天才的な実力もわずかながら小田へ見せ付け、試合後は小田が花道をバスケットマンの1人として認め、真正面からライバル視し、テレビシリーズにもまた少し登場するというのは素晴らしかったです!

30代女性
30代女性

アニメスラムダンクで、小田と葉子、花道の関係をそんなにとりあげていませんでしたが、過去に花道が告白してふられたこと、小田と葉子の関係を知っていましたが、映画でこの点に焦点をあてて映画化していたのでより面白く感じました。バスケを中学からしてきた小田にとっては、喧嘩ばかりしていた花道がバスケをしていたのが許さない気持ちが強く描かれていました。練習試合だか勝つことへの執念でバスケを楽しむことを忘れている小田は、バスケのセンスはあるかもしれないが可愛そうに感じました。その点花道はどん底にいても、自分を一生懸命応援してくれる晴子の存在が大きく、バスケの技術は未熟ながらに熱いものが伝わってきました。試合でも流川と張り合って邪魔をしたりトラベリングをしたりして、湘北を困らせる花道ですがリバウンドの力は驚異的でみていてすごいと感動します。試合の流れをかえる難しいルーズボールを花道がとる姿はかっこいいです。小田を相手にしてるのではなくバスケを相手にしているという花道のセリフもバスケットマンらしくていいなと感じました。ボールをさいごまであきらめないで追いかける花道の姿に心を打たれました。壁に激突してまで追いかける姿は誰よりもバスケットマンでした。

40代男性
40代男性

この映画は、まだバスケット漫画として金字塔を打ち立てていく前の段階の序章といった部分の映画です。のちにバスケットがうまくなり全国に名をはせる前の桜木花道が見れます。とはいえ、ここの序章を経てバスケットマン桜木花道が成長をしていきます。まだ初心者でバスケットがさほどうまくない時代の桜木ですが、試合ではやはり怪物の片鱗が見えます。運動神経の塊の花道が活躍をします。スラムダンクならではの試合展開に歩くなるものがあります。それとスラムダンクに欠かせないのが、バスケットをだけではなく、不良や恋愛です。本作には桜木花道を同じ中学出身の小田が登場をします。本編でも、恋敵として流川が登場するように、本映画では小田が登場をします。熱い試合だけでなく花道の人間性がよくわかる部分にも注目。花道の人間性にも改めファンとtなる人もいると思います。バスケ漫画、不良漫画、恋愛漫画それと、人間花道の面白さが詰まった映画です。当時リアルタイムで見ていた人、本編のみで劇場版などあまり見てこなかった人も改めて見直すのも面白いと思います。しかも、なにやらスラムダンクの続編が制作されるニュースがつい昨日ネットをにぎわせてましたので、復習もかねて是非見てみてください。

40代女性
40代女性

花道の中学校の同級生がいる、武園高校との試合ということで、因縁の対決ですね。花道が好きだった子が、その小田くんの、彼女になっているということなので、いやがおうにも花道は気合が入ります。筋金入りの不良だった花道を、バスケットマンとして受け入れられない人がいるのも、まあ当然とも言えますね。始めの内、花道はまだほぼ素人なので、気合は空回りします。しかし、だんだん彼の活躍で、マイボールが増えます。小田のように、受け入れなければ、花道はまた不良に逆戻りしてしまうかもしれないので、更生のチャンスを与えるべきでしょう。流川や赤木の得点も、ルーズボールや、リバウンドをモノにしてこそなのです。花道のガッツは、相手チームの監督や、観客の意識すら変えてしまうほど、大きなものでした。高校生にもなると、現実も見えてきて、がむしゃらさや、ひたむきさをかっこ悪いように感じたり、無意味なことはしなくなるかもしれません。しかし、花道は臆することなく、ボールを追います。その姿は、大勢の人の心に、焼き付いたのでした。そして、素人にもできることがある、あきらめなければ活路が開けると気づかせてくれることが、スラムダンクの魅力なのでしょう。

40代男性
40代男性

週刊少年ジャンプで連載していた、伝説的バスケット漫画『スラムダンク』の劇場版アニメです。主人公の桜木花道のデビュー戦となった綾南高校との練習試合のその後がテーマで、原作本にはないストーリーとなっています。花道の練習試合二戦目の相手は県内ベスト8の常連校の武園高校、その高校には花道が中学時代に振られた女性の葉子と葉子の彼氏のバスケット部の小田がいて波乱の予感がプンプンします。小田は中学時代に喧嘩ばかりしていた花道を認めないセリフをたくさん言っていたけど、その気持ちは凄く解ります。バスケを毎日コツコツ練習して遊びたいのを我慢したりして頑張ってきたのに、中学時代は喧嘩ばかりの不良が突然バスケを始めて目の前に現れた。私も小学生から高校生まで野球をやっていたのですが実際、高校で野球を始めた人が私よりも上手くなる事もありました。嬉しい気持ちと、それまでの努力を否定され悔しい気持ちと、複雑の気持ちになりました。小田も感情が多感な高校生だから、それが怒りや挑発、軽蔑となって花道に対して表れてしまったのかなと思います。それでも最後には、試合中に必死にボールを追いかけてプレーする花道のバスケットに対する情熱が本物だと感じ取り、心を通わせた二人。好きなことを本気でやることに、経験が長いとか短いとかは関係ないんだと、なんだか久しぶりに心が熱くなりました。そしてやっぱりスラムダンクは面白いと改めて思いました。

30代女性
30代女性

SNSの普及で人から評価されたり、中傷され息苦しく生きづらく感じる今だからこそ主人公の桜木花道のマインドが大切だと感じました。私は原作は未読ですので、映画からの情報のみですが、花道は単純、素直、いい意味で鈍感な性格です。恋心を抱く春子さんがライバル心を燃やす流川に想いを寄せている事にすら気づいていない鈍感さですが、それくらいが現代を生きて行くのに丁度いいんじゃないかと思います。。コートでブーイングされ陰口を言われますが、そんなことお構いなしでがむしゃらにプレーします。大好きなバスケをただひたすら無心でプレーするから、そんな外野の声なんて気になりません。だからこその「俺の相手はバスケットだ」発言があったのだと思います。「自分が好きだからやる」シンプルだけど実は意外と難しい事です。他人の目や、目の前のことに追われる毎日で本当に好きな事をして生きている人がどれくらいいるでしょうか。好きな事は、自分が心から幸せだと感じる事ともいえるかもしれません。ただまっすぐに自分が好きな事に夢中になって汗を流す姿は、見ていて清々しいです。不良や暴力については、現代では時代錯誤で受け入れられない人も多いと思いますが、その部分が「昔は、これがカッコ良かったのか」程度に流してもらって、ポジティブの塊のような花道の考えや生き方から得られるものはたくさんあります。たったの30分でこんなに魅力的な花道をもっと見たくなったので、これを機にアニメ全シリーズ見たくなりました。

40代男性
40代男性

漫画やテレビアニメには無いオリジナルストーリーであり、これまでに見た事の無かったストーリーでしたので、楽しく見ることが出来ました。オリジナルストーリーではあるものの、漫画のストーリーから大きく外れている訳も無いですし、「さもありなん」と言うストーリーでしたので「これはスラムダンクじゃない!」という気持ちも生まれず、「こういうサイドストーリーも実際にあったのかも知れないな」という気持ちで見る事が出来ます。主人公桜木花道の中学時代を遡って描く場面もあり、むしろその点ではオリジナルストーリーを補完するようなストーリーと言っていいかも知れません。漫画では名前だけの登場だった武園高校ですが、本作では対戦相手としてピックアップされており、魅力的なキャラクターも存在しています。主人公桜木花道が素人同然のところから湘北高校全国大会出場の原動力となり、全国大会でも強豪相手に大活躍出来たその背景には、こういった練習試合での経験やライバルとのしのぎあい、先輩の助言などが有ったのだなあと想像させてくれます。時系列的には漫画の全国大会予選が始まる前の話だと思いますが、この作品を見てから漫画やテレビアニメの全国大会予選以降を見ると、桜木花道が何故ここまで成長出来たかが判るような気がして、面白いと思います。

30代男性
30代男性

桜木花道の過去から現在に至るまでの成長を、一人の女性と仲間、そしてバスケットというスポーツを通して感じることが出来ます。学生にとっては身近な生活の中から非常に共感しやすい内容だと思います。現在はコロナ禍なので、憧れるような衝動にかられるかもしれません。大人から見るとまさに青春時代の熱い思いを呼び起こすことが出来、気持ちが若返ることが出来る素晴らしい作品です。また個性豊かなキャラクター達もストーリーを盛り上げる重要な役割を担っています。赤木剛憲や流川楓との男のプライドのチラつき加減、赤木晴子や島村葉子とのやり取りで出てくるモテない男の切ない心情、桜木軍団とのコミカルなやり取りなど主人公の周囲をにぎやかにさせる可能性は多彩です。マネージャーの彩子さんのアメとムチの使い分けを含めた人間性なんかまさに最高・・・。喜怒哀楽の全てが存分に刺激されるところにスラムダンクの大きな魅力があると痛感しています。今回の劇場版でも小田竜政という個性的なキャラクターがストーリーを大きく楽しませてくれます。桜木花道との掛け合いの中で、ありがちなダメ男が、ありがちな良い男に更生されていく鉄板の内容もどこか共感を得てしまうのはなぜでしょうか(笑)

30代女性
30代女性

「長所を伸ばし自分にしかできない役割」を見つけ今のベストを尽くし試合に臨む花道と伍代。それを気づかせてくれる先輩、監督の存在に高校で出会えた2人は本当にラッキーだと思います。私は、これまで短所ばかりに目を向け、必死に克服するためにばかり時間を費やし、アラサーになってようやく自分の長所を伸ばす事に意識を向けられるようになったので羨ましいです。伍代ももしあの時、体育館で監督の一言がなければずっと劣等感を抱えたままで今のような伸び伸びをしたプレーができる事はなかったでしょう。津久武高校の監督もまた大学時代の恩師安西先生の言葉に励まされた過去があり、その意志を受け継ぎ生徒に託し、その津久武が安西先生率いる湘北と戦っているのは感慨深いものがありました。花道も下手なりに自分の出来ることに集中しリバウンドに徹します。退場も覚悟でプレーする花道に赤木はチームにとって大切な存在であることを伝え、単にパワフルプレーでゴリラダンクばかり決める主将ではない、チームにとっていかに重要な役割を果たしているかを改めて思い知らされます。一人も欠けてはならず、それぞれに役割がある。一見短所に見えてもそれが自分の強みになり、やがてそれが最強の武器になり得ることを学生時代の自分に教えてあげたいです。スラムダンクがまた映画化されるらしいので是非こうゆう生きる上で大切な事を根底に置いた胸が熱くなる戦いをまた見たいです。また、今作は背景の絵と演出が素晴らしかったです。試合風景だけじゃないコート外でのシーンが多く、青空から学校に絵が移るオープニング、他の部活動の生徒の様子、電車を待つホームなど何気ない風景が描かれ、自然と彼らの住む世界に引き込まれていく感覚がありました。特に、津久武の監督と安西先生が話す土手の輝く川、伍代が監督と話す会話としなやかに揺れる竹を重ねる描写は物語に深みを与えていました。さらに、エンディングが一発退場の反則並みのずるい演出です。WANDSの曲をバックに繰り広げられる試合後の様子、「投げ捨てられた空き缶のようだ」と重なる五代の背中、一気に涙腺を刺激してきます。登場人物の声はなく、会話を視聴者にそれぞれ想像させるので、この物語をどう受けたったかで少しずつ会話の内容も人によって違ってくると思うので面白いと思いました。

 

まとめ

『スラムダンク(劇場版)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

 

 

「U-NEXT」の無料期間をすでに使ってしまってる人や
見たい作品の配信が見つからない場合は
「TSUTAYA TV/DISCAS」がオススメです!

動画見放題とDVDレンタルができる「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

TSUTAYA TV/DISCAS 定額レンタル8+動画見放題プラン 人気の理由

  • 30日間無料お試しできる
  • 動画配信サービスと宅配レンタルで作品数が実質無限
  • 動画見放題は10,000作品以上
  • アダルト動画が5,000本以上と豊富
  • 動画配信されていない作品もレンタルで視聴可能
  • TSUTAYA全てのDVD/CDが借り放題
  • レンタルはネットで注文、ご自宅までお届け(送料無料)

※動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約 10,000 タイトルの中から見放題作品をお楽しみいただけるものです。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。 ※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

TSUTAYA TV/DISCAS 定額レンタル8+動画見放題プラン 利用者の声

観たい作品が、どの動画配信サービスでも配信されていなくてTSUTAYAの定額レンタル8+動画見放題プランに登録しました。 DVDレンタルができるので観たい作品は「配信されてる、されていない」を気にせずほとんど観ることができますし、どこからでもスマホでレンタル注文できて自宅まで届けてくれるのでとても便利です。もちろん送料は無料で、返却期限も無いので返し忘れて延滞料金を払うなんてこともありません(笑) レンタルだけでなく動画見放題もセットでお得です♪
なんといっても男性必見なのはアダルト作品の豊富さです!5,000本以上のアダルト動画を見放題で視聴できます。定額レンタル8+動画見放題プランだとレンタルもできるので新作や動画見放題に無い作品も借りれるのでいいですね。自宅にいながらレンタルできますので恥ずかしい思いをしなくていいのも良いですね(笑) もちろん、映画やドラマも豊富ですしCDレンタルできるのも便利です!

「U-NEXT」の無料期間をすでに使ってしまってる人や
見たい作品の配信が見つからない場合は
「TSUTAYA TV/DISCAS」がオススメです!

動画見放題とDVDレンタルができる「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました