人魚の眠る家(映画)の配信無料動画フル|DVDレンタル/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『人魚の眠る家』 予告編

人魚の眠る家(映画)の動画フルを安全に見る方法

『人魚の眠る家』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『人魚の眠る家』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

人魚の眠る家(映画)の内容

映画『人魚の眠る家』は、2018年11月に公開されました。

ベストセラー作家・東野圭吾さんがデビュー30周年記念作品にと執筆した同名小説を原作に、『天空の蜂』以来のタッグとなる名匠・堤幸彦さんが監督を務めて制作されました。

物語は脳死をテーマに、愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦の姿が描かれており、母の薫子役を篠原涼子さん、父の和昌役を西島秀俊さんが演じました。ほかに、坂口健太郎さん、川栄李奈さん、山口紗弥加さん、田中哲司さん、田中泯さん、松坂慶子さんなどが出演しております。

脳死について凄く考えさせられました。もし自分の子供がと考えると延命治療を選ぶと思うし、家族を困らせないためにも自分の意思表示って大事だなと思いました。
あと終始、光の使い方が素敵でした。

テーマ的に泣くと分かっていながらもボロボロ泣いた。
それにしても川栄さんめっちゃ演技が上手くなってましたね。

生死観を問われる作品。正直、奥さんの言動は理解し難い部分もありましたが、それは他人事だからだろうなって。色々と考えさせられますね。

原作が凄まじすぎて映像化していることにビックリしながら見ました。難しいテーマながら過度に美化せず、希望を蝕むことなく上手く描いていてすごく良かったです。

あらすじ

洋館のような美しい家に住む母・薫子(篠原涼子)と、娘・瑞穂(稲垣来泉)と息子・生人(斎藤汰鷹)の三人が暮らしていました。子供たちの父であり、薫子の旦那である和昌(西島秀俊)は、浮気をしてしまい離婚を進めておりました。

しかし、瑞穂が小学校受験を控えており、両親面接などがあるため合格するまでは仮面夫婦でいることで話がまとまり、現在別居中となります。

そんな二人の元に悲報が届きます。瑞穂がプールで溺れてしまい意識不明になっていまいました。慌てて病院に駆けつけると医師から「脳死と心臓死、どちらを選択します?」という極限の質問がきました。

脳死を受け入れ臓器提供を希望するか、心臓死をただ待つか。二人は話し合いの末に臓器提供を決断します。ところが別れの瞬間、瑞穂の手が一瞬動いたのを見た薫子は、娘が死んでいるという現実を受け入れられず、一転して臓器提供を拒否します。

そんな妻と娘のために和昌は、自らが経営する会社の最先端技術を駆使して、前例のない延命治療を決意するのでした…。

見どころ

本作は原作者である東野圭吾さん自身も「こんな重いテーマを扱っていいものかと思った。エンターテイメントとして観てほしい。」と語っているほど、医療・司法・倫理が絡み合った作品であり、テーマはやはり“脳死は人の死か?”だと思います。

物語から目を背けたくなる…だがしかし続きも読みたい…と、じわじわと引き込まれる社会派のミステリーであり、″死″とはなんなのか、何をもって″死″とするのか。

実際に我が子や近しい人に訪れた悲劇を前に、どのような決断を下すのかと思わず考えてしまうことでしょう。

脳死、そして臓器移植。現代日本における問題も投げかけた作品。そして考えさせてくれるきっかけを与えてくれる作品でもあります。

スタッフ

原作:東野圭吾「人魚の眠る家」
監督:堤幸彦
脚本:篠崎絵里子
音楽:アレクシス・フレンチ
主題歌:絢香「あいことば」

キャスト

播磨薫子:篠原涼子
二人の子を持つ母。小学校受験を終えるまでの間だけ仮面夫婦を演じている。

播磨和昌:西島秀俊
IT機器メーカーで最新鋭の医療技術を提供しているハリマテクス社の2代目社長。

星野祐也:坂口健太郎
ANC(人口神経接続技術)の開発を進めている、ハリマテクス社の研究員。

川嶋真緒:川栄李奈
星野の恋人で、動物病院で助手として働いている。

千鶴子:松坂慶子
薫子の母親で、自身が連れて行ったプールで事故が起きてしまい、強い責任を感じている。

播磨多津朗:田中泯
和昌の父親であり、ハリマテクス創業者。現在は引退し静かに暮らしている。

美晴:山口紗弥加
薫子の妹で、播磨家を心配している。

進藤:田中哲司
瑞穂の担当医となる脳外科医。薫子ら播磨家を見守っている。

播磨瑞穂:稲垣来泉
播磨生人:斎藤汰鷹
薫子・和昌の子供たち。一瞬の出来事で人生が大きく変化してしまう。

薫子の父:斉木しげる

門脇:大倉孝二

江藤:駿河太郎

警察官:ミスターちん

池内徹也:遠藤雄弥

ハリマテクスの役員:利重剛

若葉:荒川梨杏

宗吾:荒木飛羽

『人魚の眠る家』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

人魚の眠る家(映画)の感想

30代女性
30代女性

ある日突然自分の娘が事故にあい、意識不明の状態になってしまいます。医師からは残念だけど目を覚ますことはないだろうと告げられ、臓器提供をするかの決断を迫られます。自分の子供がある日突然、目を覚まさなくなったら‥心臓は動いているのに、死とみなされ臓器提供するか決めることが自分ならできるのか‥事故ではあるけれど、その場にいた祖母を許すことが自分ならできるか‥いろいろなことを考えさせられる映画でした。母親演じる篠原涼子が子供の死を受け入れられず、だんだんと狂気となっていくのですが、変化していく様子がよく演じられていました。東野圭吾さんの原作なのでミステリー要素もあり、映画の世界に引き込まれました。映画の内容全体的に無駄がなく、最後まで真剣に観ることができました。夫役の西島秀俊さんも子供が動くようになってほしいと、機械の力を借りて試行錯誤するのですが、それが本当に正しいことなのか悩んだり、臓器提供して助かる命があることについても思い悩みます。そんな複雑な心境にある父親を表現できていて良かったです。子供がいるかたは心が締め付けられる気持ちになり涙なしでは見れないと思いますが、子育てや夫婦関係を見直すいい機会になりました。自分の子供が元気で過ごしていることに感謝しましたし、家では臓器提供について夫婦で話合ういい機会になったので、この映画はぜひ見てもらいたです。

20代女性
20代女性

主人公薫子の娘である瑞穂は、友達とプールで遊んでいる際に水の事故に遭い、脳死となってしまいます。心臓は動いているものの、意識が戻ることは今後ないと考えられます。薫子はそんな瑞穂の脳死を受け入れることができず、脳死したまま瑞穂を生かしていくことに…というとても重たい内容で、倫理的に判断が難しい題材のこの作品。昨日までは元気に過ごしていた我が子が、突然このような事態になったら、果たしてみんながみんなこの事実を受け入れられるのでしょうか。私にも子どもがいますが、もし同じ状況になってしまったら、どのような判断をするだろうかと想像してみますが、全く判断ができません。親からすれば子どもの死はとても受け入れ難く、ましてや心臓が動いているのに、それを死と認めなければならないのは本当に酷な話です。東野圭吾さんはそのギリギリのところを描かれているのがすごく、またそれを映像化した堤幸彦監督の独特の少し不気味な世界観が映画に表されていてお見事でした。薫子が脳死を受け入れられないがため、機械を使って瑞穂の身体を動かし、生きながらえさせ続けさせますが、そのせいでいつまで経っても祖母や友達は強い責任を感じてしまい、弟は学校にいづらく、夫は妻と娘の行末を心配してしまいます。しかし、薫子にはここまでしてでもどうしても成し遂げたいことがあり、それがなんなのか、ラストはどのような結末になるのか非常に注目です。

30代女性
30代女性

愛する我が子が、ある日突然事故で脳死判定をされ、医者から脳死と心臓死のどちらかを選択する権利があるがどちらにするかと聞かれるシーンは、何とも酷でした。子を持つ母として、我が子を失うことを受け入れられない気持ちが痛いほど伝わりました。気が付けば物語りを我が子と重ねて見てしまっていて涙は止まりませんでした。私もきっと映画の主人公と同様に、どのような形であっても我が子の傍に居たいと思ってしまうと思います。たとえ医者から、心臓が動いていても我が子は死んでいる状態なのだと説明された所で、すぐに受け入れられるものではないと思います。当然受け入れるまでに時間を要するものです。その受け入れる覚悟ができるまでの間に、悩んで迷って間違えてしまうことだってあると思います。この作品内では脳からの信号を機械で補うことで身体を動かしたりする場面があるのですが、それは果たして生きていると言えるのだろうか、と考えさせられました。そこまでしてでも、傍で我が子は生きているのだと感じたいのか、胸中を思えば思う程切なく苦しくなりました。何が本当の幸せなのかをたくさん考えさせられる映画だったと思います。これほどまでに胸が張り裂けそうな映画は久しぶりに見たような気がします。

40代女性
40代女性

賛否両論ある作品だと思いました。人の死しかも最愛の子供の死をすぐに受け入れられる親など、どこにもいません。自分の子供が脳死状態になった時に少しでも体が動けば親なら子供が死んでいるとは思えないでしょう。だから主人公の気持ちが痛い程、伝わってきて胸が締め付けられました。どんな状態でも生きていて欲しいと思う気持ちは間違っていません。死の定義は人それぞれです。しかし私は延命措置を受けた主人公の子供が気持ち悪いと思ってしまいました。脳死が本当に生きているという事なのか?果たして延命措置をする事が本当に子供の希望なのか?それで本当に幸せなのか?映画を見ていて疑問ばかりが浮かんで来ました。子供は何も話せません。答えは出ません。夫の父親が言った言葉が心に残ります。人間の技術が関わる事の許される範囲がある。その領域を超えてはならない。神の領域に人間は立ち入るべきではない。それが映画を見てよく分かりました。色々と考えされられた映画でした。ラストようやく主人公が子供の死を受け入れるシーンは涙、涙でした。母親だもの子供の死を簡単には受け入れられません。苦しみ葛藤しながらもラストは家族全員で送り出せて本当に良かった。素晴らしい映画でした。

30代男性
30代男性

数々の作品がドラマ化や映画されている人気作家の東野圭吾の小説が原作で監督を池袋ウエストパークやTRICKシリーズでも有名な堤幸彦が務めた作品。公開前から映画館での上映開始前に流れる宣伝で監督・堤幸彦と出ているのを見て、東野圭吾の原作、しかも今まで映像化された東野作品とはストーリーの作風が異なるので、どんな作品となるのが公開されるのがずっと待ち遠しい作品でした。話は西島秀俊が演じる会社経営者の和昌と、篠原涼子が演じる薫子の間に生まれた娘が、プールの中での事故により、意識不明となってしまい、脳死と判断をされて和昌と薫子は臓器提供を決意しようとするが、薫子がまだ娘はまだ回復できると信じ、薫子が狂気の沙汰で蘇生を試みたり、植物状態でもまだ生きているんだと主張し、話が進んでいく展開で、篠原涼子の狂気の沙汰の演技にとても迫力があり、それを少し引いた目で薫子に接する西島秀俊の演技、セリフの言い方もリアリティーがあり印象に残るのと、娘の蘇生に関わる坂口健太郎が演じる和昌の部下と川栄李奈が演じてる、その彼女の人間模様と背景も話の中に絡んでおり、限られた時間の中で小説の原作の型が崩れていない所に非常によい印象が残っている。作品全体としても今までの堤監督作品らしい独特の効果音を用いる演出もなく真面目でシリアスな内容で、堤監督作品の新たな世界を感じる作品でもあった。

30代女性
30代女性

娘の小学校受験が終わったら離婚することにしていた夫婦。しかしその娘・瑞穂がプールで溺れ、脳死状態に。眠ったままの娘を愛するあまり、母である薫子は狂気に満ちた行動で周囲を翻弄していく…というストーリー。これ、正直言って観た後は何日も引きずるほど重々しい作品です。薫子の狂気に満ちた行動は客観的に見ると「おかしいよ」と、とがめたくもなるのですが、これが愛なのだとしたら誰がそれを批判できる?すべては娘を愛する、娘を思うあまりの行動。でも、それを間近で見ている夫、親戚の気持ちは?瑞穂には弟がいるのですが、彼の悲痛な思い・叫びに一番涙しました。脳死状態の姉を持つことで周りから常に好奇の目線で見られていた彼のつらさ。この物語を観てどう思ったかより、誰目線で観たのかを話したくなる、そんな作品です。正しさとはなんだろう、この物語に悪人はいない。悪人はいないのに、みんなが苦しんでいる。倫理観と科学の相容れなさも辛い。もう本当にずっしりと胃にたまるような、そしてその重々しさがなかなかとれないような映画なので、覚悟は要ります。自分の中の倫理観が覆されるような感覚。原作を読まなくても問題なく入っていける世界観です。ただし、入ったらしばらく抜けられない。

30代女性
30代女性

東野圭吾さん原作の映画です。私は原作を読んでから映画を見ましたが、視覚も加わる分、より考えさせられる作品になっていたと思います。プールで溺れ脳死状態になった娘を自宅で介護し、あることがきっかけで電気刺激により手足を動かすことにのめり込む母親。脳死状態とは生か死か、を考えさせられます。海外では脳死を死として受け入れるようですが、日本では心臓死を死として考える風潮があり、脳死はなかなか受け入れられないようです。私も、心臓が動いていたら、体が温かかったら、脳死は受け入れられないのではないかと思います。映画では脳死判定を受け、臓器提供について説明されます。一旦は決意するものの、やはり受け入れられず、家で介護をすることに決める母親。娘は生きていると疑わず、毎日のお世話に生き甲斐を見いだします。別居中の父親は、娘の生体機能を維持する方法を調べ実践していきます。プール事故の現場にいた祖母は責任を感じ、介護を手伝う日々。いきなり寝たきりで動かなくなった姉との接し方に戸惑う弟。そして家族に関わる周囲の人々。たくさんの葛藤を感じ、何が正しいのかは一概には言えない、苦しくなる映画でした。印象的だったのは、母親役の篠原涼子さんが娘に刃物をつきつけるシーンです。脳死の娘を殺したら殺人なのか。殺人であれば娘は生きているということだから、喜んで刑に服すると言います。けれどその世界に娘はいないのだと、気づいているのか気づいていないのか…。そこまで追い詰められるほど、毎日毎日「命」について考えてきた母親。そんな静かな迫力を感じさせる演技には圧倒されました。ぜひこの映画を見て、命について考えていただきたいです。

40代女性
40代女性

東野圭吾の小説に共通する、読者に選択を迫るような展開に、心打たれます。今もどこかで行われているであろう、何をもって死とするのかという、判定をわが身のように突き付けられますね。同時にこういった状況になったら、心の底から後悔するでしょう。特に主人公は、離婚寸前の夫婦で、娘の事故の時、その場にいなかったので、尚更です。父親が、仕事人間ながらも、最新医療機器を扱う会社の社長だったため、わずかながらも希望が持てて、良かったようにも思えます。不幸中の幸いというのでしょうか。それにしても、小学校入学前のかわいい盛りの女の子が、脳死判定を受ける事態に陥るなど、あってはならないことであり、予防に努めないといけないと感じました。夫婦ともに、社員や器具を、娘のためにのみ使い、今度は社内的に波紋を呼びます。祖父である先代社長ですら、行きすぎだと感じています。しかし、母親からすれば、心臓が動いている内は、死を受け入れられないのは当然で、今までのようには無理にしろ、動けるようになるのではないかと思えるでしょう。本当に難しい問題ですね。最期の医師から、「誰かの体の中で、心臓が生きていれば、生きている。」という言葉が救いですね。

30代女性
30代女性

「人魚の眠る家」は現実的には難しい話だけれど、もしも自分の子供が同じことになってしまったらそうなってしまうかもしれないという葛藤に晒されるとても考えさせられる映画でした。不慮の事故は誰にでも起こり得る可能性があるし、プールで子供達だけが遊んでいて下に物が落ちてしまったから拾おうとするシチュエーションは日常的にもよくあることで、たまたま吸込み口があったことが不運の始まりでしたがそんなことは誰も予想していないのが怖いところだと思いました。さっきまで元気だった子供が急に植物状態になっても母親としては絶対に受け止めることができるはずはないし、最新の技術を使ってでも普通に生きているように見せたいと思う気持ちはよくわかるだけに実際にそんなことをしたら周りから不思議がられるとわかっていても選びたくなる気持ちが切なかったです。父親と息子は正直なところ反対をしていたけれど、母親が一生懸命なだけに否定はできないところも痛いほどわかります。人間誰でもいつ何が起こるかはわからないので、急に現実に受け止められないようなことが起こったとしてもどのように生きていくかをきちんと考えていかなければいけないと思いました。

40代女性
40代女性

いつまでも子供をそばに置きたいって気持ち子を持つ親ならわかります。臓器提供に最初は承諾するものの最後のお別れの時に指が動いた時。それは自然の反応って言うけれど親なら子供がまだ生きたいよ。生きてるよ。って助けを求めてると思ってしまうかも。だってまだあたたかいんですもの。いつかきっと目覚めると思って機械装置をつけてのリハビリを自宅で始めますが、はたから見たらやっぱり無気味かなと思います。でも自分の子ならきっと同じように無我夢中でスイッチを操作したくなると思います。可愛い服を着せて、髪の毛だって服に合わせてアレンジしたりもしたくなるでしょうと思います。同い年位の子供を見るとなんで自分の子が?こんなに世界には子供がいるのになんであの時プールで溺れたのが自分の子なんだろうってずっとずっと思い続けると思います。いつかきっとまた元気に走り回ると思って懸命にリハビリに務めるお母さんの気持ちがよくわかります。そんな子供を持つ母として臓器提供の大切さも気づくところがあり葛藤する気持ちもよくわかります。何度も自分の子供と重ねて見てしまって涙が出ました。このご時世虐待などもありますが子供をこんなに愛する親もいるって事も映画だけではないなと思いました。

 

まとめ

『人魚の眠る家』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

 

 

「U-NEXT」の無料期間をすでに使ってしまってる人や
見たい作品の配信が見つからない場合は
「TSUTAYA TV/DISCAS」がオススメです!

動画見放題とDVDレンタルができる「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

TSUTAYA TV/DISCAS 定額レンタル8+動画見放題プラン 人気の理由

  • 30日間無料お試しできる
  • 動画配信サービスと宅配レンタルで作品数が実質無限
  • 動画見放題は10,000作品以上
  • アダルト動画が5,000本以上と豊富
  • 動画配信されていない作品もレンタルで視聴可能
  • TSUTAYA全てのDVD/CDが借り放題
  • レンタルはネットで注文、ご自宅までお届け(送料無料)

※動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約 10,000 タイトルの中から見放題作品をお楽しみいただけるものです。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。 ※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

TSUTAYA TV/DISCAS 定額レンタル8+動画見放題プラン 利用者の声

観たい作品が、どの動画配信サービスでも配信されていなくてTSUTAYAの定額レンタル8+動画見放題プランに登録しました。 DVDレンタルができるので観たい作品は「配信されてる、されていない」を気にせずほとんど観ることができますし、どこからでもスマホでレンタル注文できて自宅まで届けてくれるのでとても便利です。もちろん送料は無料で、返却期限も無いので返し忘れて延滞料金を払うなんてこともありません(笑) レンタルだけでなく動画見放題もセットでお得です♪
なんといっても男性必見なのはアダルト作品の豊富さです!5,000本以上のアダルト動画を見放題で視聴できます。定額レンタル8+動画見放題プランだとレンタルもできるので新作や動画見放題に無い作品も借りれるのでいいですね。自宅にいながらレンタルできますので恥ずかしい思いをしなくていいのも良いですね(笑) もちろん、映画やドラマも豊富ですしCDレンタルできるのも便利です!

「U-NEXT」の無料期間をすでに使ってしまってる人や
見たい作品の配信が見つからない場合は
「TSUTAYA TV/DISCAS」がオススメです!

動画見放題とDVDレンタルができる「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました