幸せへのまわり道(映画)の配信無料動画フル|DVDレンタル/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

ヒューマンドラマ
トム・ハンクス演じる子供番組の名司会者と1人の記者の友情が奇跡を起こす『幸せへのまわり道』11.25(水) デジタル先行配信 / 12.23(水) ブルーレイ&DVD発売

幸せへのまわり道(映画)の動画フルを安全に見る方法

『幸せへのまわり道』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『幸せへのまわり道』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

幸せへのまわり道(映画)の内容

映画『幸せへのまわり道』は、2019年11月にアメリカ、2020年8月に日本で公開されました。

トム・ジュノーが1998年に雑誌『エスクァイア』に寄稿した記事「Can You Say…Hero?」を原作に、マリエル・ヘラーが監督を務めて制作されました。

物語は、実話を基にした一人の悩めるジャーナリストの家族関係の修復を、ミスター・ロジャースが道徳・人情・友情を持って手助けする姿が描かれております。そんな悩めるジャーナリストのロイド役をマシュー・リス。彼の悩みを手助けするフレッド・ロジャース役をトム・ハンクスが演じました。

トムハンクス演じるロジャースの優しさとその人生の重みが滲み出る、ある意味ファンタジーのような映画でした。

年明けにとても良い作品を観れました。辛い状況にいる人達が多い今、是非観て欲しい作品だなと思いました!

ミスターロジャースを知っていたら、もっと楽しめる作品だったことでしょう。彼の凄さ、心の広さ、自分をそのまま愛することの大切さとかをあらためて感じる作品です。

この映画は実話に基づいているらしいので、YouTubeでMister Rogers’ Neighborhoodを観てみたら…
あ~!忠実に再現されてる~!フレッドの番組を観て育った子供たちが羨ましい!

あらすじ

エスクァイア誌のジャーナリストとして華々しいキャリアを積んできたロイド。愛する妻と生まれたばかりの子供と幸せな暮らしを過ごしていました。

そんなある日、姉の結婚式に招待され出席すると、そこには絶縁していた父・ジェリーと再会を果たします。そこで、ジェリーの方から話かけてきました。

家庭を顧みず自分たち姉弟を捨てた父を許せずにいる中で、亡くなった母の話題を振って来たことに激怒し、その勢いで殴ってしまい、心の内にわだかまりを抱えてしまいます。

そこで、エスクァイア誌の上司は子供番組の人気司会者・フレッドをインタビューするようにロイドへと命じます。早速フレッドの仕事場を訪ねると、フレッドは一目見ただけなのに、ロイドが抱えている家族の問題や心の葛藤を感じ取ったのです。

一方のロイドもフレッドの不思議な人柄に惹かれていき、やがて二人は取材という名目を超えて公私共に交流を深めていきます…。

見どころ

散りばめられた感動シーン

本作の舞台が子供番組のため、可愛らしくメルヘンな演出が多い本作。ミニチュアで表現された街並みのシーンだったり、少しファンタジー風の演出が盛り込まれとても可愛らしい作品。一方で、その可愛らしさの裏に隠れた主人公・ロイドの悲しみや怒りが複雑に表現されており、そのコントラストがなんとも言えない“切なさ”を引き立てております。

そんな中にも台詞ではない視線のやりとりや仕草で感動させてくるのが見事でした。

実際のエピソードを基にしている地下鉄ので出来事。ロジャースを見つけた子供たちが『ミスター・ロジャースのご近所さん』のオープニング曲を歌い出すと車両に乗っている人みんなで大合唱になる場面は、とても自然であり幸福感に満ちたシーンになっており、何度も観てもウルっときてしまいます。

見事な演出力を表現する監督

主人公の中年男性が子供番組を通じて学ぶ大切なこととは?子供番組はもちろん子供のための番組ではありますが、実は大人にとっても人生において大切なメッセージを伝えている存在なんだと思いました。

また、とても印象的で心地の良い音楽にも注目してみてください。

本作を手掛けたマリエル・ヘラー監督は今作が初見でしたが、とても高い演出力で今後も追いかけていきたい監督になりました。また、次回作にも注目しておくことを強くオススメいたします。

スタッフ

原作:トム・ジュノー「Can You Say…Hero?」
監督:マリエル・ヘラー
脚本:ミカ・フィッツァーマン=ブルー / ノア・ハープスター
製作:ユーリー・ヘンリー / マーク・タートルーブ / ピーター・サラフ / リア・ホルツァー
製作総指揮:ミカ・フィッツァーマン=ブルー / ノア・ハープスター / バーゲン・スワンソン
音楽:ネイト・ヘラー
撮影:ジョディ・リー・ライプス
編集:アン・マッケイブ

キャスト

ロイド・ヴォーゲル:マシュー・リス
華々しいキャリアを積んできたエスクァイア誌のジャーナリスト。

フレッド・ロジャース:トム・ハンクス
人気が高い子ども向け番組の司会者。

ジェリー・ヴォーゲル:クリス・クーパー
過去のある出来事をきっかけにロイドが絶縁した実父。

アンドレア・ヴォーゲル:スーザン・ケレチ・ワトソン

ビリー・アイスラー:エンリコ・コラントーニ

ジョアンヌ・ロジャース:メアリーアン・プランケット

ロレイン:タミー・ブランチャード

ドロシー:ウェンディ・マッケナ

エレン:サキナ・ジャフリー

マーギー:カルメン・キューザック

トッド:ノア・ハープスター

ベティ・アバーリン:マディ・コーマン

『幸せへのまわり道』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

幸せへのまわり道(映画)の感想

40代男性
40代男性

映画「幸せへのまわり道」は、実在していたアメリカの名司会者であるフレッド・ロジャーズの事を新聞記者のロイド・ボーゲルが記事にした内容をベースにして作られた作品です。この作品は、ロイドが主人公ですが、トムハンクス演じるフレッドの存在感が際立っており、外から見た人の印象とその印象を作り出す為に水面下で努力をしてきた様子が刻々と描かれているのが印象的でした。フレッドは、テレビを通して子供一人ひとりに語りかけて安心感を与える事に定評があり、取材をしたロイドは他の人々と同様にフレッドの事を聖人だと思っていました。これは間違った見方で、フレッドにも悩みがあり、その苦悩の中で人気子供番組の司会者像を作り出していた点は薄ら寒さを感じさせるほどです。感情的になる人はその人の実情が分かり易いですが、フレッドのように人当たりが良い人物は、陰ながら自分なりの努力を孤独に行っている事を考えると、人に好かれるという事の難しさを感じました。ロイドは卑屈なタイプの新聞記者ですが、フレッドとは正反対のタイプの人物なので、映画ではその対比が人間の生き方を考えさせてくれるものになっていて良かったです。この作品はヒューマンドラマであり、その手の作品が好きな人に応えてくれるでしょう。

50代男性
50代男性

父親だけではありませんが肉親と何かがきっかけで上手くいかなくなり、心を通わせる事ができなくなった事がありませんか。そんな時人はその出来事にふたをしてしまい、触れなくなってしまう事が多いと思います。同時に何かのきっかけで触れられてしまうと、感情が爆発してしまう可能性もあるかもしれません。主人公も同じような立場で父親との関係がうまくいっていません。しかも公衆の面前でとんでもない事をしてしまう。この辺は関係性が似ている自分の父親とダブらせてしまって、心がものすごく揺さぶられてしまいました。こんな時いつも思っていたのが誰か安らぎになるような、一歩づつ自分を進めてくれる人がいないかなという事でした。でもこの映画の中に主人公の心を優しくしてくれるような人間が出てきたんです。この映画では、人間はこうあるべきだという姿を学ぶ事ができます。真逆の人生を送ってきた人にとっては、ものすごく難しいミッションにも感じられるかもしれません。でもトムハンクスが演じる人格者が万人受けを狙ってこのような生活をしているわけではなくて、心から楽しんで人生を生きている姿なのでものすごく優しい気持ちになれるのです。父親とうまくいっていない男がどう変わっていくのか、楽しめる映画です。

30代男性
30代男性

アメリカ中にその存在を知られ、アメリカ中の人々に愛されていたというフレッド・ロジャースを題材とした映画。主人公は彼ではなく、何の因果かやりたいわけじゃないのに彼を取材することになったやさぐれた記者の方。彼がフレッドという人物と触れ合うことで次第に自分の人生を見直し、再生へと進んでいく物語である。他者に安らぎを与える、それを求められる人物は、神でもないのに神のような立ち振る舞いをしなければならない。その途方もない努力と葛藤は、完成形しか見たことのない人間にとっては想像もできない。でも、確実にそこには苦しみがあるはずだ。この映画では、決してそれを暗い闇のようなものとして描いているわけではないが、そこにある存在をかき立てる何かが存在し、やさしく、温かみのあるフレッドという人物が時折見せる表情の中に恐怖心を覚えてしまうのは私だけだろうか。フレッド・ロジャースになることによって、彼が失ってしまった何か、それへの郷愁のようなもの。作中、ロイド(記者)と「ぼくのように壊れた人物への愛を感じる」「君は壊れてなんかいない」というやりとりがある。この聖人のような虚像の中で、誰も見ていない場所で、フレッドは人知れず苦しんでいた時期があったんじゃないだろうか。それこそ、怒りに囚われて自分も人も傷つけたくなる時期が。そして、そんな苦しみを乗り越えたことがあったからこそ、彼はフレッド・ロジャースになれた。人は誰でもミスをする。それさえわかっていれば、きっと人は人に寛容になれる。まるで、フレッドから人生そのものをやさしく教えられているかのような(説教くささは微塵もありません!)映画だった。

30代女性
30代女性

父親と不仲で問題のある雑誌記者が、不思議な人気司会者と出会うことにより心にあった不安が解消していくと言う話です。最初の方からトムハンクス演じるロジャースが、教育テレビで放送していそうな番組の感じの演出で話をしていたので、なんとなく懐かしい気持ちになりました。主人公は恨んでいた父親を許すつもりがないようでしたが、上手に取材を行えないロジャースにペースを乱されていくうちに、父親に対する恨みさえも乱されていき、そのうえ妻とのやりとりからも、心の中が変化していくような。大まかな柱としては、人を許すことの大変さや大事さを言っているようでしたが、ちょいちょい挟まれる子供番組っぽい演出が目立ち面白い印象がありました。子供の時のようなピュアな心に戻ってみようということだったのでしょうか。沈黙のシーンでは鑑賞している方それぞれ心の中に誰か思いだしていたのではないでしょうか。鑑賞しているこちら側も参加させられているような演出、そして何よりもトムハンクスの演技がとても輝いていてよかったです。パペット人形で話そうとするトムハンクスがなんだか可愛らしかったです。本当に大人向けとしてロジャースが司会をする、あのような番組があったら見る人はたくさんいるのではないかなと思った映画でした。

30代男性
30代男性

2020年8月に公開されたトム・ハンクス主演のヒューマンドラマ。この作品で、トム・ハンクスはアカデミー助演男優賞にノミネートされている。アメリカで1968年から2001年にわたって放送された子供向けの長寿番組の司会として活躍したフレッド・ロジャース氏と、そのロジャース氏を取材した新聞記者・ロイド・ボーゲル氏の記事に関して、実話を基に作られた作品。感情の中でも特に怒りの感情をコントロールする方法や、相手に素直に接する方法など、普段私たちが生きていく中で悩みやすい部分、そして単純そうに見えて中々解決しにくい部分をテーマに描かれている。テレビ番組というTVショーを見ているいち視聴者という気分を味わったかと思うと、自分の日常に置き換え、記者のロイド・ボーゲルの立場に立って、自分がその人物だったらどう思うかという、まるで自分が主人公になったかのような錯覚に陥ることがあったり、現実と非現実の世界を行ったり来たりするような、不思議な感覚も味わうことができる。その不思議な感覚があるからこそ、見終わったあとにはちょっと心が軽くなるような気分を味わうことができ、また明日から頑張ろうと背中を押してくれるようなそんな作品である。

 

まとめ

『幸せへのまわり道』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

 

 

「U-NEXT」の無料期間をすでに使ってしまってる人や
見たい作品の配信が見つからない場合は
「TSUTAYA TV/DISCAS」がオススメです!

動画見放題とDVDレンタルができる「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

TSUTAYA TV/DISCAS 定額レンタル8+動画見放題プラン 人気の理由

  • 30日間無料お試しできる
  • 動画配信サービスと宅配レンタルで作品数が実質無限
  • 動画見放題は10,000作品以上
  • アダルト動画が5,000本以上と豊富
  • 動画配信されていない作品もレンタルで視聴可能
  • TSUTAYA全てのDVD/CDが借り放題
  • レンタルはネットで注文、ご自宅までお届け(送料無料)

※動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約 10,000 タイトルの中から見放題作品をお楽しみいただけるものです。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。 ※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

TSUTAYA TV/DISCAS 定額レンタル8+動画見放題プラン 利用者の声

観たい作品が、どの動画配信サービスでも配信されていなくてTSUTAYAの定額レンタル8+動画見放題プランに登録しました。 DVDレンタルができるので観たい作品は「配信されてる、されていない」を気にせずほとんど観ることができますし、どこからでもスマホでレンタル注文できて自宅まで届けてくれるのでとても便利です。もちろん送料は無料で、返却期限も無いので返し忘れて延滞料金を払うなんてこともありません(笑) レンタルだけでなく動画見放題もセットでお得です♪
なんといっても男性必見なのはアダルト作品の豊富さです!5,000本以上のアダルト動画を見放題で視聴できます。定額レンタル8+動画見放題プランだとレンタルもできるので新作や動画見放題に無い作品も借りれるのでいいですね。自宅にいながらレンタルできますので恥ずかしい思いをしなくていいのも良いですね(笑) もちろん、映画やドラマも豊富ですしCDレンタルできるのも便利です!

「U-NEXT」の無料期間をすでに使ってしまってる人や
見たい作品の配信が見つからない場合は
「TSUTAYA TV/DISCAS」がオススメです!

動画見放題とDVDレンタルができる「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました